流体力学の基礎知識内部流れ編 図に示すように,壁面に沿う

流体力学の基礎知識内部流れ編 図に示すように,壁面に沿う

Posted on by yzpfstr

流体力学の基礎知識内部流れ編 図に示すように,壁面に沿う。uy=U{2y/h?y/h2}。流体力学 図に示すように,壁面に沿う流れの速度分布uが次の放物形で与えられているものとする. u(y)=U{2y/h?(y/h)2} 0≤y≤h ここで,yは壁面からの位置座標であり,y=hにおける最大速度をUとする. 次の問い に答えよ. (1) 流れの速度勾配dudyを求めよ. (2) 流体の粘性係数をμ=0 9×10?3Pa?s,最大速度をU=3m/s,h=5cmとするとき,y=0 5cmの位置におけるせん断応力τを求めよ. 答えは(1)2U/h(1?y/h)、(2)0 0972Paです、解説お願いします 次の例題。図に示すように,壁面に沿う流れの速度分布が次の放物形で与えられているもの
とする. =//{ /{}{}-/ /{}{} /^ //} / / / / / / / / /
ここで,は壁面からの位置座標であり,=における最大速度をとする

流体力学の基礎知識内部流れ編。流体は。定まった形を持たず。形状を自由に変化させて流れを生む物質で。気体
と液体が相当します。流体力学に関する知識の必要性を実感している設計者も
。多いのではないでしょうか。図は。壁面付近の速度分布です。このよう
な微小面積を通る流速を。断面積にわたり面積分すると以下の式で表すこと
ができます。実験装置のガラス管の直径や。水温などを変えて実験を行い。層
流から乱流に遷移する現象は。次式の無次元数に依存することを発見しました

uy=U{2y/h?y/h2} 0≤y≤h1 流れの速度勾配du/dyを求めよ. du/dy=U{2/h?2y/h2}=2U/h1-y/h2 流体の粘性係数をμ=0.9×10?3Pa?s,最大速度をU=3m/s,h=5cmとするとき,y=0.5cmの位置におけるせん断応力τを求めよ. τ=μdu/dy=0.9×10^-3?2×3/0.051-0.5/5 Pa?sm/s/m=0.0972Pa

  • 試用期間とは 転職な際採用の際転職先退職先在籍在職確認の
  • 大学と専門学校 国立大学で世帯年収の関係で学費免除されて
  • Windows パソコンで動画見るのいつのまか音小さくな
  • 賞味期限と消費期限の違いは 消費期限三日たったフライドチ
  • Medical 半年20回程の検査て異常無ゆう事突きつけ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です