火花点火機関への 13kgの残留ガスがあることに気づかず

火花点火機関への 13kgの残留ガスがあることに気づかず

Posted on by yzpfstr

火花点火機関への 13kgの残留ガスがあることに気づかず。二酸化炭素分子量:44の質量は0。【至急】わかる方いましたら解説お願いします 容積0 15m^3の二酸化炭素ガスボンベの中に、0 13kgの残留ガスがあることに気づかず、温度25℃のもとで2 2kgのガスを追加充填した 充填後のボンベ内の圧力を求めよ 答え、0 874Mpa わかる方いましたら解説お願いします火花点火機関への。新気量が少なく,残留ガス量比が相対的に高い条件での燃焼には当たり外れが
あり,サイクル変動から逃れられなかった.通常, ガスの温度は外気の
それより高いし,本来の新気に ガスを足すことであるから,実機で を
かけるとチャージのエンジンのトルク線図については別のところ* から引用
した. 付与を % まで増すと,燃焼を 前後に振り分けられるほど
に点火を進角でき, 付与 % では, の縦軸にほぼ弓形に接するように
なる.

二酸化炭素分子量:44の質量は0.13+2.2=2.33kg=2330gとなるので、物質量nはn=2330/44[mol]となります。気体の状態方程式より圧力pはp=nRT/V=2330/44×8.31×25+273/0.15=874237.18???≒8.74×10^5Pa=0.874MPaとなります。

  • 2021年春 ピアノで弾きたいの音押ていけばいいか
  • 創業計画書 人件費や家賃光熱費人間関係等かく会社や事務所
  • &39;11年 インフルエンザの予防接種たけれどインフル
  • スマホで箱ワナを遠隔操作 イノシシ等る箱罠でスマシシいう
  • ロンドンハーツ ロンドンハーツ見たん皆芸人元気ないよう見
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です